森きらら

森きらら植物みごろ情報

image

森きらら植物みごろ情報

色とりどりの花と緑に包まれた園内を散策しながら、愛らしい動物たちに出会える森きらら。
月別にお花や植物の見ごろ情報をアップしますので、ご来園の際は、ぜひチェックしてくださいね♪

 

5月の見ごろ情報★

【バラ】

250品種900株のバラがお楽しみいただけます。

5月8日からは春のローズフェスティバルも開催いたします。

展示場所:バラ園

観賞期間:5月中

 

【ヤマボウシ】

日本では本州以南、中国、朝鮮半島、台湾に自生する落葉樹です。

白い花のように見えるのは「総苞片(そうほうへん)」という花の付け根の葉で、

特徴的な姿をしています。夏ごろに赤い実をつけ、生食することもできます。

展示場所:日本庭園、ビオトープ

観賞期間:5月中旬

 

【コウホネ】

北海道~九州にかけて見られるスイレン科の植物です。

地下茎が骨のように見えることから「河骨(コウホネ)」と呼ばれています。

古くから生薬としても利用されてきました。

展示場所:ビオトープ

観賞期間:5月中

 

【アリストロキア・ギガンティア】

ブラジル原産で、直径20㎝ほどの大きな花を咲かせます。

花粉を運ぶハエをおびき寄せるために生肉のような色をしていると言われています。

展示場所:観賞温室

観賞期間:5月中

 

【フイリバニラ】


原産地はメキシコ、西インド諸島からフロリダにかけてで、

花は朝に開いて数時間で閉じてしまいます。

花粉を運ぶ蜂が日本にはいないため、スタッフが人工授粉し、

バニラビーンズと呼ばれる果実を付けます。

展示場所:観賞温室

観賞期間:5月中旬

 

【メディニラ・マグニフィカ】

フィリピン原産で、ブドウの房のような形の花は、

150種存在するメディニラ属の中で最も美しいと言われています。

展示場所:観賞温室

観賞期間:5月中

 

【マイソルヤハズカズラ】

インド南部原産で、花の形がスリッパに似ているため

英名では「Lady’s Slipper Vine」と呼ばれています(Vineは「つる」という意味です)。

展示場所:観賞温室

観賞期間:5月中

 

★森きらら植物コーナーの見どころ
○整形花壇:園に入ってすぐの広場に、四季折々の花が咲く整形花壇があり、
皆さまをお出迎えします。

観賞温室:高さ13mのドーム型温室。500種類5,000本の熱帯から亜熱帯の植物を
楽しむことができます。

バラ園 :3,000㎡の敷地に9系統約250品種900株のバラを植栽しています。
花開く春と秋にはローズフェスティバルを開催します。

日本庭園:約40種類の庭木や水の流れを配した散策路などがあり、

周囲の景色と調和した日本庭園が癒やしの空間を演出しています。

○ハーブ園:ウサギやミーアキャット展示場そばのハーブ園では、イタリアンパセリや
レモンバームなど様々なハーブを植栽しています。
可愛らしい小動物とハーブの香りで、癒しの空間となっています。

ビオトープ:日本在来の植物で身近な自然を再現し、いろいろな生きものが
自然とまる場所を目指しています。佐世保市のレッドデータブックに
掲載されている絶滅危惧種の保護も行っています。